創立67周年記念式

平成30年10月27日に第67回創立記念式を開催致しました。

・弊社屋上栗本神社にて広島護国神社より宮司様をお招きして神事を執り行いました。

・神事後、懇親会での、㈱栗本ホールディングス 小島社長の挨拶

 栗本67回目の創立記念式おめでとうございます。

おかげさまで我々栗本グループは好業績を維持しております。

現在、栗本ホールディングスでは3基のメガソーラーが稼働中ですが、これのいいところとして景気に左右されることなく業績に貢献してくれることです。

 また吉田では簡易宿泊所(いわゆる民泊のような形)が今後予定されています。

 これについては栗本のリフォーム部門による付加価値の向上、またファーム安芸高田とのタイアップなどの展開を考えています。

このように今後もグループ全体でいろいろなことをしていきますのでよろしくお願いします。

・㈱栗本 前川社長の挨拶

 今日は創業者の栗本省司名誉会長の胸像を横にご挨拶をさせていただきます。

“皆と同じことをしていては成長しない。新たな価値の創造を目指す。新しいことへチャレンジしましょう。”

1945年終戦の後、創業者の栗本省司は荒廃した広島の復興にはまず建物の建築や道路整備などを優先させるため建設業を格別の仕事と考え建設業への道に足を踏み入れたということです。

 そして1952年の10月25日に株式会社栗本組を設立しました。

それから66年と2日経った本日、皆さんのおかげで第67回の創立記念式典を迎えました。

 時代は昭和から平成、そして来年は新しい時代へと向かっていきます。我々も新たな栗本グループへ成長するでしょう。

 栗本グループは建設業を中心に地域社会に貢献します。そのため日々成長し、繁栄するため、顧客の皆さんとまた協力していただく業者の皆さんとともに栄えていかなければなりません。

 これらの目標に合致した人の集団により企業の究極の目的である業績を上げ、社員の皆さん、家族の皆さんの幸せを求めるものであります。

“皆と同じことをしていては成長しない。新たな価値の創造を目指す。

新しいことへのチャレンジをしましょう。”

 変えるべきところは変え、守るべきところはしっかり守り、これからも失敗を恐れずに皆さんとチャレンジしていきましょう。

© 2019 Kurimoto Co.,Ltd.